英語的な

英語についての近況

9月にフィリピン留学から帰ってきて2か月が経ちます。

その間やったことは、多く読むことと、多く聞くこと。ほんとはアウトプットを増やさないといけないんだろうけど。
唯一のアウトプットはこのブログで書く英作文だけ。そしてその練習のためにあるのがこのブログです。

このブログの英文はプラクティスでもある。
しかも、かなり自分勝手に書いてるから、添削・フィードバックがないし、不安になるけど続けています。

これは今後も続けていきます。そして続けることしか上達方法はない。

さて、読んだ本は、
①『THE WEALTH OF HUMANS』Ryan Avent
②『THE SOUL AT WORK』Franco “Bifo” Berardi

そして、これから読む本はコチラ。
③『BORDER AS METHOD』Sandro Mezzadra and Brett Neilson

ボーダーについて。
もう私たちはこのこの物質から目をそらすことはできないと思う。
ビットコインはお金の越境。
英語は言葉の越境。
では人間の越境は?これは容易じゃない。ディスプレイの前に座ってその技術をもってさえいれば可能かもしれないけど、私たちのこの身体という物質の越境を容易にしてくれるものじゃない。でも、移動は起きていて、いろいろな出来事を生じさせている。

ボーダーって何?という素朴な疑問に対して、考えたい。

そしてもう一つ、多く聴くことについて。
私が使っているのは、Google Podcastsです。番組はたくさんあるから、いろいろ試してみるといいです。
お気に入りは、NPRの『FRESH AIR』です。結構新しいネタをやってます。

今後は動画をアップして、自身の発音を晒していこうかな、と考えています。