政治・経済・歴史的な

グリーン・ニューディール part3

今日はグリーン・ニューディールの内容に入っていきます。

あわせて読みたい
グリーン・ニューディール part2グリーンニューディールについてです。 先日ルーズベルト大統領によるニューディールについて少しかじってみました。 さらにウェブ...

参考PDFはこちらです。

まずイントロダクションに次のように書いてあります。

The popularity of progressive policies has been rising steadily since the 2016
Presidential Election season and has increasingly moved the Democratic Party in
a more progressive direction.(P1)

2016年の大統領選の時から徐々に注目されはじめ、特にアメリカ民主党のなかで大きな流れをつくってきていると。
その結果が昨年の中間選挙の民主党の票に表れているのは明らかで、今後どのような流れになっていくかが注目です。

主に経済的不平等、不公正、気候変動への意識が大きくあることは間違いありません。以下にあるように、彼/彼女たちが大切にしていることは環境の維持と経済の安定性の両輪だということです。

This report articulates a vision for a broad set policy goals and investments that aim to achieve environmental sustainability and economic stability in ways that are just and equitable.(P1)

そもそもなんですけど、グリーン・ニューディールとは何か?といろいろ調べていた結果この資料を見つけたのですか、その概要に関して、このレポートに書かれてあることを「グリーン・ニューディール」だと思ってもよさそうな一文がありましたので、今後はこのレポートを中心テキストとして読んでいきたいと思います。以下のように書かれていました。

This plan is called a Green New Deal. So far, a comprehensive progressive vision of a Green New Deal has not been presented.

これまでは全体像を示すヴィジョンは無かった・・・・とのことです。それゆえこのレポートが一つの指針になると考えれます。

グリーン・ニューディールは何を考えているのか?

公正と平等を基に環境維持・経済の持続を見据えるグリーン・ニューディールは次のことを理解していると書かれています。

FIRST
A Green New Deal is necessary to meet the scale and urgency of environmental challenges facing the United States, based on the best available research.

アメリカが直面している環境問題(challenges)にはグリーン・ニューディールが必要だということ。

SECOND
A Green New Deal can bring job growth and economic opportunity, with particular focus on historically disadvantaged and vulnerable communities.

雇用の成長と経済的目的をもたらすとあります。特に、歴史的に不利な状況にあったコミュニティにとって有効な方法があるとのことです。

THIRD
A Green New Deal is popular among American voters and can mobilize them in 2018.

2018年の選挙で示されたと考えれると思います。このグラフは“green new deal”のトレンドの変化を示した図です。2018年11月以降大きく伸びているのが分かります。

FOURTH
A Green New Deal can be executed in a way that is environmentally just and distributes benefits equitably.

環境的に公正で平等な富の分配を行う。

FINALLY
A Green New Deal is financially feasible and necessary.

グリーン・ニューディールは財政的に容易であり、必要である。大きな予算を必要とせずに可能だということなのでしょうか?

環境と経済との関係を構築しながら発展していくという方法なんだと思います。日本でもそうですが、夏季になると水害が年々ひどくなり、アメリカでは大きな火事が毎年のように起こり住処を失う人々が出ています。経済発展は目指す必要がありますし、環境とのかかわりという点でグリーン・ニューディールの方法は学ぶべきところが多いと考えます。

また、「community」という言葉がよく出てきますが、このコミュニティが何かにも注目していきたいと思います。

次回はグリーン・ニューディールが考えている未来への見通しを見ていきたいと思います。